快適生活綴り
より快適な生活を求めて綴っていきます。 ぜひあなたの「快適生活」もお寄せ下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京の快適な一人暮し 快適な精神6
<旅>

 初めての一人旅は、
・北海道
だった。
 人はなぜ旅にでかけるのだろう。

 一人で自由に気ままに過ごしみたい。
 ふだんでもそういう時間があるはずなのだが、数日間に渡って24時間好きなように過ごせるというのが得もいわれぬ開放感につながっていたように思う。

 同じコースをたどりたくない。
 そういう思いが、初めての一人旅の北海道へ行くのに、東京から
・フェリー
で網走へ抜けるコースを選ばせた。(今日ではこのフェリーはないらしい)
 
 宿は、これまた新しい体験だったが全て
・ユースホステル
である。
 ★ユースホステル(YOUTH HOSTEL)
  ドイツで生まれた世界的な「旅の宿」ネットワークです。
  だれもが安全に楽しく、そして経済的に旅ができるようにと考えられたもので、現在、世界80カ国、4,000のユースホステル(YH)があります。
  日本には北海道から沖縄まで約350のYHがあり、宿泊料金は日本の場合、1泊3,000前後(2食付で4,500円程度)と大変経済的です。
  (海外では、もっと安く宿泊できます。)(日本ユースホステル協会より引用)

 当時、困ったのはいわうるシーズン中の旅行のため、一人で泊まれる宿が少なかったことだ。
 その点ユースホステルは実にありがたかった。

 観光コースを回るので、次のユースホステルで同じ顔に出会うとなんとなく親しくなり色々な話をした。
・会社がつぶれてしまい、自転車でなるべく地図の北海道の形通りを踏破しようという者
・東京から網走まで、公共交通機関を一切使わず、ヒッチハイクしている者
 etc
 人生色々と言えども、当時サラリーマンだった私は、かなりカルチャーショックを受けたように思う。

 その初めての一人旅の北海道から東京へ帰って来た時は、財布に10円しかなく、しかも道中で初めて知り合った人に500円借用してしまった。
 (金銭不足は、大切な忘れ物を取りに予定コースを逆に戻ったため、時間がかなりずれ、列車の切符類がかなり無駄になったことが原因していた)
 わずか1週間ほどの旅行にもかかわらず、我が家に戻った時は、もう何年も家をあけていたような思いだった。

 今日では、一人旅のアドバイスサイトがあるのでありがたい。
 例:一人旅の宿
   の~んびり気ままに一人旅

 そろそろまた、旅にでかけたくなった。
スポンサーサイト

[テーマ:快適な生活のために | ジャンル:ライフ]

【2007/09/05 19:12】 | 快適な精神 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<東京の快適な一人暮し 快適な居住地域7 | ホーム | 東京の快適な一人暮し 快適な身体6>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaitekinaseikatsu.blog54.fc2.com/tb.php/61-f86c244f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブックマーク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

保険選びの相談

最近の記事

楽天オークション

カテゴリー

プロフィール

快適生活綴り

Author:快適生活綴り
 より快適生活な求めて綴っています。
 お知恵を貸して下さい!
 mixi 快適生活綴り
  Twitter 快適生活綴り 

Google

カスタム検索


【快適生活を求めて】

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場楽天市場でのお買い物はポイント2倍!!

花のある暮らし-HOME-家の中に花を飾る【日比谷花壇】
Oisix(おいしっくす)有機野菜の宅配
いいもの王国
シニアのための生活雑貨

最近のトラックバック

最近のコメント

価値あるブログ・ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。