快適生活綴り
より快適な生活を求めて綴っていきます。 ぜひあなたの「快適生活」もお寄せ下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京の快適な一人暮し 快適な居住地域26
【目の前の女性が転倒】

 そこは線路に沿った駅の商店街の裏通りだった。
 散歩の途中、私の背後から来た自転車例:ママチャリ【MONOCOQUE】スタンダードパーツ(24インチ))が、ゆっくりとすり抜けていった。
 そしてその自転車は、工事のため道路の壁になっている部分に寄ったかと思うと、いきなりふらふらとして倒れてしまった。 それもバタンというような倒れ方ではなく、少しよろけながら、まるでスローモーション映像で見ているかのようなゆっくりとした動きに見えた。
 
 かと言って助けることが間に合うわけではなく、突然のその光景に、とにかく助けるべくそばに駆け寄った。
 乗っていたのはやや中年の女性で、近づいて見ると全身が仰向けになって道路に投げ出され、片手が倒れた自転車の車輪のスポークの間にはさまっていた。 一人では無理なので、近くにいた人に声をかけ、その人には自転車を押さえてもらい、私は車輪の間にはさまった手をなんとか外した。
 
 どうやらご本人に意識はあるらしいのだが、転倒時に頭を打ったらしい。
 私の頭の中では、昔受けた救急法の講習内容例:必携救急+災害ハンドブック を少し思い出したが、とても身についているものではなかった。
 ただ、頭を打っていればやたら動かしてはまずいと思い、救急車を呼ぶべく携帯電話を手にした。

 すると、
 「もう電話したよ」
と、そばのラーメン店の人が声をかけてくれた。
 
 こうなると、後は倒れた自転車を起こして壁際に寄せ、ご本人の荷物を思われるバッグをご本人のそばに置き、狭い道路に入って来る車を誘導することにした。
 日差しが強い日だったので、ラーメン店の人がオシボリをその女性に渡し、さらに他の店の人が日除け代わりに傘をかざしてくれた。
 待つこと7、8分くらいだったろうか、やがて救急隊員が到着し、状況を報告し後をお願いした。

 困っている人がいる時は皆で助け合う。
 昔、駅前で実家が食料品店を開いていた頃、商店街では誰もが当たり前のように行っていたこと思い起こした。
 数日経った頃、またそのラーメン店の前を通りかかったら、なんと
<都合により閉店することになりました>
という紙が貼ってあり、今の時代を感じざるを得なかった。
スポンサーサイト

[テーマ:快適な生活のために | ジャンル:ライフ]

【2009/07/16 20:58】 | 快適な居住地域 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<東京の快適な一人暮し 快適な精神31 | ホーム | 東京の快適な一人暮し 快適な精神30>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaitekinaseikatsu.blog54.fc2.com/tb.php/237-23d0fe0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブックマーク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

保険選びの相談

最近の記事

楽天オークション

カテゴリー

プロフィール

快適生活綴り

Author:快適生活綴り
 より快適生活な求めて綴っています。
 お知恵を貸して下さい!
 mixi 快適生活綴り
  Twitter 快適生活綴り 

Google

カスタム検索


【快適生活を求めて】

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場楽天市場でのお買い物はポイント2倍!!

花のある暮らし-HOME-家の中に花を飾る【日比谷花壇】
Oisix(おいしっくす)有機野菜の宅配
いいもの王国
シニアのための生活雑貨

最近のトラックバック

最近のコメント

価値あるブログ・ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。