快適生活綴り
より快適な生活を求めて綴っていきます。 ぜひあなたの「快適生活」もお寄せ下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京の快適な一人暮し 快適な精神14
<本の世界との接点> 

 近頃では本を買う時に、よく店員から「ブック・カバーが必要ですか」とたずねられる事が多くなった。
 たぶん、これも経費節約・省資源をねらったものだろう。

 私自身は、自分の読んでいる本が、何の本であるのか他人に見られたり、また本体や装丁のカバーが汚れるということを気にしている訳ではない。
 ただ、ごく自然に、今読んでいる本はブック・カバー例:竹笹堂 木版のブックカバーがしてあるものという認識がいつまでも消えないので、読みかけにはブックカバーがしていないと気がすまないのである。

 私の読書は、新刊よりも以前読んだお気に入りの本を何度も読む時間の方が多いように思う。
 特に電車での移動や待ち時間等外出先での空き時間がある場合には、お気に入りの本を数冊バックに入れていく。
 そういう意味では、紙製のブックカバー例:【HIGHTIDE/ハイタイド】ブックカバー set3(レプティラ)【ブラック】)の予備は何枚あってもいいので、大抵の場合ブック・カバーをもらうことにしていた。

 ブックカバーが手元にない場合、代用していたのが、古いカレンダーだ。
 月めくりのカレンダーは紙の地も厚く、またカレンダーの絵や数字がそのままちょっとしたブック・カバーの飾りになる。
 
 だが、ある時本屋だったかデパートだったかは覚えていないが、茶色の重厚な感じのブック・カバー(匠の技が魅せる!一枚革で作った文庫用高級本革ブックカバー)を見つけて無性にそれが欲しくなってしまった。
 文庫本、ハードカバー本、しまいには雑誌までサイズを用意してしまった。

 別に高価な「クロムハーツ/ブックカバー」や、「エルメス ブックカバー」が欲しいとは思わないが、先日「畳表」を使ったブックカバーをTVで見たが、これもぜひ手に入れたいものだ。

 お気に入りのブック・カバーをつけた本を読むと、なんだかそれだけで自分の時間と本の世界との接点が深くなるような気がするから不思議である。
スポンサーサイト

[テーマ:快適な生活のために | ジャンル:ライフ]

【2008/05/25 21:22】 | 快適な精神 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<東京の快適な一人暮し 快適な居住地域15 | ホーム | 東京の快適な一人暮し 快適な身体14>>
コメント
書きこんじゃいました。おもしろいブログですね♪更新楽しみにしてます。またちょくちょくみにきまーす♪
【2008/05/27 04:52】 URL | 新川すぐる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaitekinaseikatsu.blog54.fc2.com/tb.php/131-f5714bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブックマーク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

保険選びの相談

最近の記事

楽天オークション

カテゴリー

プロフィール

快適生活綴り

Author:快適生活綴り
 より快適生活な求めて綴っています。
 お知恵を貸して下さい!
 mixi 快適生活綴り
  Twitter 快適生活綴り 

Google

カスタム検索


【快適生活を求めて】

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場楽天市場でのお買い物はポイント2倍!!

花のある暮らし-HOME-家の中に花を飾る【日比谷花壇】
Oisix(おいしっくす)有機野菜の宅配
いいもの王国
シニアのための生活雑貨

最近のトラックバック

最近のコメント

価値あるブログ・ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。