快適生活綴り
より快適な生活を求めて綴っていきます。 ぜひあなたの「快適生活」もお寄せ下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京の快適な一人暮し 快適な家具11
<爽快な自転車>

「こいで、こいで、どんどん、こぐんだ」
「手を離さないで、手を離さないでー」補助なし自転車練習方」サイトより 
 それまでのように、こぎながらそう言っていれば、自転車の後ろを親が支えてくれていると思っていた。
 だが、気がつくと子供の私は、いつのまにか一人で自転車をこいでいた。
 
 確かその最初の自転車は、18インチ のタイヤサイズだったと思う。
 自分の身体とぴったり合っていたので、力強くこぐことができ何とも気分が良かった。
 自転車を乗り回し始めると、今度はそれまで徒歩では行かなかった地域に簡単にでかけて、まるで戦国時代の武将が次々に他領へ進出していったようで愉快だった。

 危ない手放しの運転、ペダルに乗ったまま立ち上がる運転、ハンドルを持って飛び上がってサドルに乗る飛び乗り等、何度か転倒しながらも、そこが広い公園であったため幸いかすり傷で済んだ。
 ところが、その公園へ26インチの自転車に乗った上級生が現れ、盛んにその早さを示すのである。
 自分でもそれに乗れば負けないとばかり、その自転車貸してもらうのだが、いかんせんサドルの高さが高いのでこげない。
 しかたがないので、▽のフレームの間から反対側へ足を入れてこごうとするのだが、スピードが出るはずもなく、ずいぶんと悔しい思いをした。

 最近は徒歩散歩が多くなったので、自転車に乗る時間は少なくなったが、やはりちょっとした荷物を運ぶのに自転車は欠かせない。
 そして、こぎながら、あの子供の頃の思い出がよみがえってくるのである。
スポンサーサイト

[テーマ:快適な生活のために | ジャンル:ライフ]

【2008/02/27 19:52】 | 快適な家具 | トラックバック(0) | コメント(1) |
ブックマーク

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

保険選びの相談

最近の記事

楽天オークション

カテゴリー

プロフィール

快適生活綴り

Author:快適生活綴り
 より快適生活な求めて綴っています。
 お知恵を貸して下さい!
 mixi 快適生活綴り
  Twitter 快適生活綴り 

Google

カスタム検索


【快適生活を求めて】

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場楽天市場でのお買い物はポイント2倍!!

花のある暮らし-HOME-家の中に花を飾る【日比谷花壇】
Oisix(おいしっくす)有機野菜の宅配
いいもの王国
シニアのための生活雑貨

最近のトラックバック

最近のコメント

価値あるブログ・ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。